- ED外来 -

きさぬきクリニックのED診療

日本におけるEDの患者数は、重度・軽度の差はありますが1000万人以上と言われています。しかし実際に医療機関に相談をしている方はその5%に満たず、そのままされている方がほとんどという現状です。ここ熊本でもED外来の診療を行うクリニックはまだまだ少なく、県外や通信販売などで薬を入手されている方も多いと思われます。 私たちきさぬきクリニックでは、医療機関による確かな問診と『シアリス錠』、『レビトラ錠』、『バイアグラ』などの処方により、お客様のお悩みを解決していきます。

プライバシーを考慮したED診療体制

ED診療をスムーズ、スピィーディーに行うため、ご来院いただく日時を指定していただきます(完全予約制ではありません)。このホームページのメールフォームをご利用いただくか、直接お電話いただいても構いません。
ご来院された場合、まず受付にて『○○です。』とお名前をお伝えください。
そして初診の方は、問診票の記入をして頂きます。

診療・処方・ご会計について

医師による問診、処方、ご会計まですべて一人の医師のみで対応いたします。
お客様のお悩みを伺い、症状に合わせてお薬を処方してまいります。
1錠からの最大10錠までの処方となります。
バイアグラ(50mg) 1,650
レビトラ錠(10mg) 1,750
レビトラ錠(20mg) 2,250
シアリス錠(10mg) 1,850
シアリス錠(20mg) 2,450
初診料 (当院に通院中の方は不要) 1,000

院長からのひとこと

ED(勃起不全)の発症には、心因性と器質性の要因があります。

また、糖尿病とEDには深い因果関係があり、糖尿病患者がEDを引き起こす割合は、患者全体の30~60%と非常に高い数値を出しています。

糖尿病にかかると血流が悪くなり、ペニスにある血管内の血流が低下してしまいます。さらに糖尿病は末梢神経などにも障害を及ぼしますので、脳からの刺激が伝わりにくくなることでEDに大きく影響するのです。診療は私一人で行いますので、あまり気になさらず、安心してご相談ください。